診療内容

歯の神経と言われる「歯髄」を残せるか、残せないかの判断が大事

歯がしみる、ぐらぐらする、噛み合わせがおかしい、歯ぐきが痛いなど、さまざまな自覚症状があります。

待合室原因として、むし歯、根尖病巣(歯の根元付近にできる病気)、歯の破折、歯周病などがありますが口内疾患の90%は細菌由来、残りの10%は噛み合わせなどバランス等の問題といわれています。つまり、病原菌を無くすことで疾患の90%は解決できることになるのです。それでも改善されない場合は、噛み合わせや、本人も気がついていない寝ている間のくいしばりなど、歯に必要以上の力が加わっていないかバランス、アレルギー等を調べていきます。

当院では、セレック等の最新治療法により、歯髄温存法を可能な限り実践しています。

一般歯科

むし歯治療

むし歯は、口の中に無数にある細菌が歯の一番堅いエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。食べ物の残りが歯に残っていると、細菌がそれを分解し歯垢を形成します。歯垢が歯の表面に蓄積されていくと酸が発生し、この酸が歯を溶かしてしまうのです。エナメル質が溶けてしまうと象牙質、歯髄へと進行し、痛みを感じるようになります。

多くのむし歯は、治療をしないと自然に治ることはありません。ですから日々の正しい歯磨きと生活習慣が大切であることは言うまでもなく、少しでもしみたり、痛みを感じたらすぐに歯科医師に診てもらうことをおすすめします。

歯周病治療

歯周病は、歯垢に含まれる歯周病菌や噛み合わせ等により歯周組織が侵される歯を支えている組織の病気の総称です。歯肉が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまうこともあるのですが、歯周病が怖いところは初期の段階ではほとんど自覚症状がないことです。歯ブラシに血がついていたり、口臭がきつくなったり、口の中がネバつくようになったりした場合、歯周病が進行している可能性も否定できないので、すぐに歯科医師に診てもらうことをおすすめします。

小児歯科

一人でも安心できる治療環境

当院では、保護者の方々が診療室にお付き添いしなくても、診療が出来る体制を確立しております。是非、3歳以上のお子様に関してはお一人で診療出来る事を勇気づけて下さい。
ご注意頂きたい事があります。「今日は、診るだけだから」とか「痛くないから」などと言う甘言でお子様をだまさないで下さい。また、治療前に「むし歯を治すのは、痛いのだよ」とか「悪い事すると、歯医者さんで痛くしてもらうよ」などと躾の材料にしないで下さい。
お任せ下さい。可愛いお子様が独り立ちでき、むし歯治療する環境は当院に備わっております。その代わり、治療を一人で終えたお子様を最大限に褒めてあげて下さい。

乳歯のむし歯治療

むし歯になった乳歯を放っておくと、むし歯菌が充満した中に永久歯が生えてくることになります。やっと生えかわった永久歯が最初からむし歯菌に触れることになり、むし歯になる可能性が高まります。永久歯を守るために乳歯の時期からむし歯の治療が大切です。

むし歯を作らない

そもそも子どもさんの歯を守るのは、保護者の皆さまの役割です。そのためには、予防歯科の意識をもって日々実践していくことが大切です。小さいころからの正しい歯磨きの習慣や食生活などを身近にいる大人がサポートすることで、丈夫な歯を長く保つことが可能になります。

むし歯になってしまった場合

それでもむし歯になってしまった場合、安心、安全に診療ができるよう丁寧にご説明して治療を行います。

歯並び・噛み合わせについて

歯がふぞろいだったり、上下の歯ならびが噛み合わない状態のまま放置しておくと、食べ物がよく噛めない,あごの関節に負担がかかるなど、日常生活への支障が出てきます。症状によってさまざまな治療方法がありますので、お気軽にご相談ください。

矯正歯科

悪い歯並びや噛み合わせをきちんと合うようにして、きれいな歯並びにするのが矯正歯科治療です。きれいな歯並びにするために、無理に歯を削ったりすることはありません。矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯並びと噛み合わせを治していきます。

当院では月3回、矯正専門の歯科医師が来院します。

歯並びや噛み合わせのことで気になることがありましたら、院長または矯正専門医にお気軽にご相談ください。